財布だって手作りなら思い通りにカスタマイズできる

財布は誰もが使うアイテムです。特に支払いの時など大切なときに使うものですし、お金という大事なものにかかわるものでもありますから、こだわって選びたいと思う方も多いでしょう。見た目ももちろん大切ではありますが、それ以外にも使い勝手など多くのポイントをクリアする必要があります。しかし、なかなかすべてが気に入ったものを見つけるのは難しいものです。誰でも、いつも使っているものについてどこか使いにくさを感じていたり、デザインに満足していなかったりするものです。その点、自分で手作りをするのであれば自分の思い通りに作ることができますから、思い通りのものを使うことも可能になるのです。難しいからとしり込みせずに、まずは簡単なものからチャレンジしてみましょう。

素材に工夫するだけでも変化がつけられる

手芸が得意な方ならどんな形にもつくることができるでしょうが、そうでない方は作ることに不安を感じることも多いでしょう。そのような場合、素材にこだわってみるとよいです。シンプルな作り方であっても、素材が変わると全く違うものに仕上がります。厚みのあるものになると中に入れたものを保護しやすいものになります。固めの素材を使えば、お札などが折れにくくなる効果が生まれます。薄手のもので作れば、普通の財布でははいらないようなポケットなどの小さなスペースにもしまえるものができ、より使いやすさをアップさせることができるでしょう。このように、素材をどうするかという事で見た目や使い心地が大きく変わってきます。手作りする際にはいろいろな素材を見てベストなものを選んでいきましょう。

入れるものに応じたカスタマイズ

使い勝手の良いものに仕上げるためにはいつも自分が何を持ち歩くのかという事について考えながら作っていくことが必要です。お金を入れるのは当然ですが、小銭を主に使うのか、札が多いのかによっても収納スペースに違いが生じてきます。自分の使い方に合わせたものを作ることで、使いやすく愛着のわくものになるのです。カードなどもよく持ち歩く人とほとんど持たない人とでは必要な収納スペースが異なってくるでしょう。カードはよく出し入れするものとそうでないものもあるかもしれません。よく使うものは取り出しやすいような配置でポケットを作っていくと便利になります。他にも、鍵など財布とともに持ち歩きたいものがあれば、そういったものが入るスペースを考慮していくとよいでしょう。このような調整ができるのが手作り財布のメリットといえます。