自分に合った財布が欲しいなら手作りしましょう

既製品は多くの人が満足できるような作りになっています。しかし、自分で作ったものは自分が一番使いやすいように工夫することができますので100%満足できるものになります。また、デザインもアイデア次第でさまざまなものを作ることが出来ます。特に布を使ったものは、同じ形でも柄が違うだけで印象が変わってきます。大きなものと小さながま口やカードケースなどを同じ布で作るのも素敵です。人によっては複数のものを使い分けていることもありますが、一度型紙を作ってしまえば布をかえて何度でも作ることが出来ます。自分が一番使い勝手の良いものを、複数個作ってその日の気分で取り替えるのも楽しいです。作るのは難しいと感じるかもしれませんが、慣れてくるとだんだん既製品のように作りが綺麗なものに仕上げることもできます。

お気に入りのものが見つからない場合は手作りしましょう。

お店で売られている既製品で気に入ったデザインのものがあっても、機能的にやや満足できなかったり、逆に機能は理想通りなのにデザインがあまり気に入らないなど100%満足して納得できるものに出会えることはまれなことです。もし、お財布でそのようなことがあれば、自分好みのものを手作りすることで満足できるものになります。カードを入れられる枚数や、仕切りの数など使う人によって希望しているのはさまざまです。自分自身の使い勝手を考えて作って見ましょう。また、布製のお財布の場合は、柄も好みのもので作ることができます。さらに、ファスナーを組み合わせるのか、がま口にするのか、ボタンにするのかなども自分で決められます。出し入れの頻度や普段の使い方を考えてデザインを考えてみましょう。

手作りすることの魅力と用途に合わせて作るポイント

お財布を手作りすることの魅力は、自分自身の用途に合わせて作ることが出来るので、使い勝手のよいものになります。また、手間隙かけているので愛着もわいてお気に入りになります。普段お財布にはお金以外入れない人は、小銭を入れる部分とお札を入れるところの仕切りを増やすことで使いやすくなります。逆に、カードや通帳などを一括で持ち歩くことが多い人は、大きめのサイズで作り、既製品よりもカードを入れる部分を増やします。布で作る場合は、出来るだけ接着芯と使い布を硬く、丈夫にするのがポイントとなります。そうすることで、簡単に型崩れを起こさないものができます。もし、小銭だけ持ち歩くことが多いのであれば、小さながま口が使い勝手が良いでしょう。がま口を作るのは比較的難易度が低いので初心者でも気軽にチャレンジできます。